パズドラ セレスの評価と使い道

ゴッドフェス情報

ゴッドフェスの開催日時や対象モンスターなどの情報をお届けします!

魔法石を無料でゲットする裏ワザ

パズドラ セレスの評価と使い道

読了までの目安時間:約 5分

パズドラ セレス

 

 

”究極進化”をしても使えない感は否めない

 

セレスを含む西洋神はパズドラで最初に実装された神シリーズになります。

 

パズドラ自体も年月を重ねており、時代と共に新しく実装されるモンスターは強力になっています。

 

そういった経緯もあり、最初期に実装されたセレスを含む西洋神は”究極進化”をしても現在のPT編制にはほぼ入りません。

 

スキルはアマテラスと同じ「完治の光」を持っているので使いどころがあるかと思いきや、それならばアマテラスを使う方が属性的にも良いかと思います。

 

かといってリーダースキルも防御系のリーダースキルになりますので、やはり現状で活躍の場はありません。

 

”究極覚醒進化”をすると一気に化ける

 

使えないと断言してしまったセレスですが、先日実装された究極覚醒進化により神を捨てると

一気に化けます。

 

タイプから神が外されるのは残念ですが、それを補うほどの能力を持っています。

 

以下、究極覚醒進化後の使い道となります。

 

主に耐久PTのリーダーとして活躍する

 

究極覚醒進化をしたセレスのリーダースキルは「木属性・バランスタイプの攻撃力が2.5倍、闇・光属性の敵から受けるダメージを半減」と、非常に強力になっています。

 

例えばLFセレスとすると闇・光属性の敵から受けるダメージは75%カットとなり、常時インドラの英雄の守りを使用しているような感じになります。

 

更に、攻撃力も木やバランスで染めると2.5倍の倍率が掛かりますので、攻撃力自体はやや少ないものの被ダメージを考えると破格と言えるでしょう。

 

つまり、光や闇属性のボスが出るダンジョンでは耐久気味な編制が組め、ゲームオーバーになりにくいということです。

攻撃力も2.5倍ながらエンハンスを使用すると火力に困る事はありません。

 

例を挙げるとノーマルダンジョンの神々の王という経験値効率の優れたダンジョンがあります。

従来は闇PTによる高火力押し切りが主流でした。

 

耐久PTを使うとクリアは出来るものの、クリアまでに1時間掛かるということもありました。

ですが、セレスを使うと高速周回は難しいものの、ゲームオーバーになる要素は極めて少なく安定周回する事が可能です。

 

もちろん、神々の王以外であってもボスや中ボスが光・闇属性のダンジョンであれば同じ事が言えます。一言で言うと、「神を捨てたセレスは強い」です。

 

パズドラ セレスの評価

 

パズドラ セレスの評価は10点満点中9点となります。

 

この評価は、あくまで”究極覚醒”後のセレスの評価になります。

それ以前のセレスに関しましては、正直に言って使えません。

 

セレスを究極覚醒させるには進化後ゼウスディオスやヘラベオークが必要になるので、難易度は低くありません。

 

しかしながら難しい素材に見合った強さは確実にありますし、クリア出来るようになるダンジョンの幅は確実に広まります。

 

デメリットは若干火力が低いので火力を出そうとするとエンハンス頼みになる点ですが、キングもりリンがバランスタイプなので、そこまで気にはならないはずです。

 

フレイヤの木属性エンハンスも3ターン継続するので有効です。

 

セレスを持っている方は多少無理をしてでも、究極覚醒セレスを作ることをオススメします。

PR

PR
カテゴリー